pickup
投資初心者が仮想通貨を始める前に知っておくべきポイント!

piko
こんにちは、pikoです!

ボブ
・仮想通貨に投資するのって怖い!
・投資初心者が仮想通貨に投資しても良いの?
・仮想通貨に投資すべき?
・仮想通貨について知りたい!
今回の記事は上記のような悩みが解決できる内容になっています。
コロナ過によってリモートワークが増えたことから自宅で仕事の合間に投資をしている人達が増えてきています。
しかも従来は株の投資から始める投資初心者が多かったのが最近ではでは仮想通貨から投資を始める若者が多くいます。

piko
私も副業で稼いだお金の半分くらいは投資に回しています。
そこで今回は仮想通貨への投資を検討している方向けに投資としての仮想通貨について開設したいと思っています。
この記事を最後まで読めば投資としての観点からの仮想通貨に投資について理解できるので是非投資の参考にしてください。
まず一番の疑問がビットコインの投資価値ですが、結論として私は投資価値があると思っています。
事実私は今までほとんど米国株に投資をしていましたが、ここ最近ビットコインにも投資を始めています。
なぜビットコインが投資価値があるかと言えば、ビットコインに価値を見出している人達がいる からです。
ではなぜビットコインに価値を見出しているかと言えば、次の点が挙げられます。
1.自国通貨の暴落
2.ドル資本規制
1.の『自国通貨の暴落』はコロナ過により多くの事業が倒産し債務不履行、つまり国家破産した国があるからです。
最近だとアルゼンチンが国家破産しましたね。
国家破産してしまうといくら自国通貨を持っていてもハイパーインフレにより自国通貨の価値が紙くず同様 になってしまうので、いくら自国通貨を貯金しても資産は増えません。
国家破産とはいかなくても世界先進各国政府と中央銀行がコロナ対策で【通貨供給量(給付金等)】をたくさんしていることから自国通貨の価格が下がるインフレに対して多くの著名投資家達が懸念しています。
例えば、史上最強のファンドマネージャーと呼ばれているスタンリー・ドラッケンミラーは4~5年の間に5~10%のインフレするとの見通しを立てています。
そして2.の『ドル資本規制』は『自国通貨の暴落』と関りがあるのですが、自国通貨の暴落によりドルを持っておこうとしても国がドルに対して規制をしてしまうんです。
例えばアルゼンチンの中央銀行は、個人の米ドルへの両替の上限を1万ドルから200ドル まで大幅に引き下げました。
このように自国通貨の暴落のリスク回避先 として仮想通貨に価値を見出しているのが分かると思います。
つまり仮想通貨に価値を見出している人達がいるので仮想通貨には投資価値があると思います。

仮想通貨の特徴

仮想通貨に投資をする前に仮想通貨について知っておきましょう。
ここでは仮想通貨についての5つの特徴について解説していきたいと思います。

値動きが激しい

仮想通貨は株などと違って値動きが激しいです。
値動きが激しい時には数十%の乱高下 したりします。
この値動きが激しい要因として、まだ仮想通貨の市場規模が少ないことが挙げられます。
具体的には2020年7月のビットコインの時価総額は1890憶ドル です。
対して世界の株式市場の時価総額は86兆ドル とビットコインの455倍 の市場規模になっています。
なので世界の株式市場から1% の資金がビットコインに流入するだけでビットコインの価格が5倍以上値上がり することになります。
このことからビットコインはハイリスク・ハイリターンの投資と言う見方があります。
投資初心者がいきなり値動きが激しい仮想通貨に投資するのはオススメできません。
もしも投資をするならば投資資産全体の1%~3%が望ましいです。
なぜならもしも仮想通貨を資産全体の1%保有していた場合、仮想通貨が暴騰した場合はハイリターンが期待できますが暴落した場合でも残りの99%の投資を年率1%で運用するだけで元に回復できるからです。

piko
ちなみに、私は投資資産の10%を仮想通貨投資ファンドのキュービテックに投資しています。
キュービテックについてはこちら

小額投資できる

多くの投資未経験者は「投資は数十万円から」と思っています。
確かに日本株は100株もしくは1000株単位からの投資 なので、数十万円の金額がかかってしまいます。
安くても数万円です。

piko
ちなみに、私が一番最初に投資した株はセブン銀行で5万円でした。
米国株だと1株から買える ので安くて数千円から投資できます。
仮想通貨はさらに500円からの小額投資できるので投資初心者でも投資するハードルが低いです。
この小額投資ができる特徴から最近は若者の投資先として人気を集めています。
ちなみに、ビットコインは0.001BTCから購入可能です。

手数料が安い

仮想通貨取引所は株式証券に比べて手数料が安いです。
株式投資だと購入するのに手数料が数十円かかります。
ですが仮想通貨の場合はコイン購入手数料がかからない場合がほとんどです。
さらに口座開設や口座維持も手数料を取られることはありません。
ただし仮想通貨を送金する場合 は手数料が取られるのでその点は注意が必要です。
当然ですが取引所への入金する際も振込手数料がかかるので全てにおいて手数料が安いわけではないです。

直接送金ができる

仮想通貨は直接相手に送金することができるといったメリットがあります。
しかも銀行や証券取引所と違い中央管理者が不在な仮想通貨は、24時間365日動き続けているので休日や祝日などは関係なく 数秒から数十分で送金できます。
逆に銀行だと3時以降は振り込みが翌日になったり休日は振り込みできない等のタイムラグが発生してしまいます。

piko
手数料が安く抑えられる点もメリットですね。

仮想通貨投資のリスク

どの投資先でもリスクがあるので仮想通貨にも当然リスクは存在します。
仮想通貨には特有のリスクがあります。
特有のリスクとは
ハッキング
保証がない
この2つが挙げられます。

ハッキング

仮想通貨自体はブロックチェーン技術により安全性が保たれています。
ですが、仮想通貨取引所がハッキングの標的になっています。
例えば、2014年にはマウントゴックスがハッキングの被害に遭いビットコインが奪われてしまいました。
その他にも2018年にコインチェックがハッキングの被害に遭い580憶円相当のXEM(ネム)が流出しまいた。
その他にも世界全体でも同様のハッキング被害が出ています。
最近でも量子コンピューター の悪用でハッキングされやすいといった問題が出てきています。
これに対して各取引所では耐量子技術の研究開発を急いでいます。

保証がない

仮想通貨は中央集権が無いので何かあった時に保証がないです。
例えばこのためもしも間違った送金先に送金したとしても返金される保証はどこにもありません。
なので仮想通貨を送金する時は必ず送金先をコピー&ペースト して確認してから送金するよう心掛ける必要があります。

仮想通貨の取引形式

仮想通貨に投資をするには仮想通貨取引所から仮想通貨を購入します。
取引所での購入方法は2種類あり
販売所形式
取引所形式
があります。
販売所形式では、仮想通貨取引所から仮想通貨に投資を購入します。
販売所形式は自分が購入したい金額のコインを確実に購入 することができます。
ただし購入する際に手数料が取られる といったデメリットもあります。
一方で取引所形式は売却したい人と購入したい人の間で直接取引できるので手数料が大幅に削減 できます。
ただし自分の希望額でコインを確実に購入することができない可能性 があるといったデメリットがあります。
仮想通貨を頻繁に売買する投資戦略だと取引所方式が良いと思います。
ただ投資初心者にはリスクが大きいので投資初心者にオススメなのは販売所形式になります。

投資は必ず余剰資金で行う

仮想通貨は価格変動が激しく暴騰すれば一気に資産を拡大することができます。
このことは2017年~18年にかけてビットコインが暴騰したことで大儲けした人達がいることから「億り人」なんて流行語も出てきましたね。
このような大暴騰するほど変動が激しい仮想通貨で高いリターンを得ようと生活費をも投資に充てている人もいます。
ですがハッキリ言ってこのやり方はギャンブルと同じで投資の世界では絶対に破滅になる投資方法 です。
実際に変動が激しい仮想通貨に膨大な資金を投資している投資家は少ないです。
このことは仮想通貨交換業協会(JECEA)がアンケートを実施した所によると仮想通貨に投資している額が10万未満の投資家は約70% とほとんどの投資家は少ない金額しか仮想通貨に投資をしていません。

piko
私も仮想通貨に投資をしている額は10万円程度で、その他のほとんどが米国株になっています。
もしもこれから仮想通貨への投資を検討している投資初心者は1万円~5万円程度にとどめた方が賢明 だと思います。

積み立て投資戦略

変動が激しい仮想通貨への投資で大きな損を出したくない人には積み立て投資という戦略が良いと思います。
積み立て投資とは予め自分で決めた金額を決めて、後は自動的に毎月もしくは毎週もしくは毎日投資していく方法です。
この積み立て投資のメリットは一度ルールを決めれば後は自動的に投資を行ってくれる ので売買の判断で失敗する心配がないです。
さらに、効率よく仮想通貨を購入することができます。
例えば、1BTCが100万円の場合の時に一括で5BTC購入すれば500万円の費用がかかります。
一方で毎月1BTCを積み立て投資している場合は、もしも1月ごとに1BTCの価格が10万円下がっている局面だと同じ5BTCでも100万円安く購入することができます。
逆に積み立て投資は少しづつ投資する長期的な投資戦略なので価格が暴騰している局面には対応できないので短期的に利益を上げることができません。
また株での積み立て投資は配当を受け取ることができますが、仮想通貨には配当が無い のもデメリットになります。

初心者にオススメの投資先

投資初心者が仮想通貨に投資する場合、オススメなのは投資信託になります。
投資信託は投資家から預かったお金を投資家の変わりに売買して資産を増やしていきます。
投資信託はファンドマネージャーの実力がそのまま投資家の資産に反映します。

piko
ぶっちゃけ仮想通貨についてあまり知識がなくても利益を得ることができちゃいます(笑)。
ちなみに、私もキュービテックという月利25% のクォンツファンドに投資をしていますよ。
キュービテックについてはこちらの記事で詳しく書いています。
副業で稼ぐ会社員が本音で教える月収10万円以上稼げる副業ベスト16!

Amazonで5つのカテゴリーで1位を獲得したベストセラー!

会社で働きながら副業で月収10万円以上稼いでいる会社員目線だからこそ分かる!

 

あなたに合った副業を提案!

 

詳細はこちら

副業で稼ぐ会社員が本音で教える月収10万円以上稼げる副業ベスト16!

Amazonで5つのカテゴリーで1位獲得したベストセラーです!

会社で働きながら副業で月収10万円以上稼いでいる会社員目線だからこそ分かるあなたにオススメの副業を提案!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事