pickup
ボリンジャーバンドの見方・使い方をチャートで分かりやすく解説!

piko
こんにちは!pikoです。

ボブ
・ボリンジャーバンドって何だ?
・どんなメリットがあるの?
・ボリンジャーバンドの何を見ればいいの?
・どうやって使うの?
・ボリンジャーバンドの弱点も知りたい!
今回は上記のような悩みを解決できる内容になっています。
私が短期取引で使う指標の中の1つにボリンジャーバンドがあります。
プロの投資家の中でも「ボリンジャーバンドこそ短期取引の必殺技だぜ!」なんて言っているほど短期取引をする際に役に立つのがボリンジャーバンドです。
ボリンジャーバンドはチャートを使った取引を始めたばかりのトレーダーには馴染みが無いかもしれません。
ですがボリンジャーバンドを使いこなすことができれば売買のタイミングに非常に役に立つテクニカル指標になるので是非この記事を最後まで読んで身に付けてほしいと思っています。
さらにボリンジャーバンドとMACDやRSIを組み合わせていく ことでかなり強力な短期取引ができるので合わせて読んでみてくださいね。
ボリンジャーバンドとはアメリカのジョン・ボリンジャーが統計学 をもとにして考案したテクニカル指標です。
ボリンジャーバンドは標準偏差が移動平均線の上下に挟んで構成されています。
簡単に言ってしまえば、価格の振れ幅 を示したテクニカル指標です。
移動平均線を挟んだ標準偏差は三段階あります。
この標準偏差の事をσ(シグマ)と呼びます。
移動平均線から近い順に【1σ】【2σ】【3σ】と呼びます。
ちなみに、+σのことを『アッパーバンド 』-σのことを『ロアバンド 』とも呼びます。
ボリンジャーバンドは統計学に基づいて作られているので価格がどのくらいの確率で標準偏差内に収まるのかを知ることができます。
価格が標準偏差(σ)内に収まる確率は次の通りです。
約68.3%
約95.4%
約99.7%
ボリンジャーバンドは価格が1σ~3σまでの間に収まっているのかで相場の勢い を知ることができます。
それだけでなくボリンジャーバンドが形成しているバンドの広がりを見ることで一定期間の価格のバラつきを知ることもできます。

ボリンジャーバンドの計算方法

ボリンジャーバンドは単純移動平均線と標準偏差で構成されているのでまずは移動平均線の計算をします。
単純移動平均線の計算は簡単です。
単純移動平均は指定した一定期間の価格の平均 を出します。
例えば、5日の移動平均だと下記のように5日間の価格を全て足して5で割るだけです。
4月2日の5日移動平均
(100+110+90+100+90)÷5=98
4月3日の5日移動平均
(110+90+100+90+110)÷5=100
このような計算で出た移動平均を線で結んでいきチャートに表示させていきます。
これでボリンジャーバンドの真ん中のラインができます。
つぎは移動平均をもとに上下の標準偏差を計算していきます。
4月2日の移動平均98の標準偏差の計算式は次のようになります。
4月2日の標準偏差=(1/5×((100-98)^2+(110-98)^2+(90-98)^2+(100-98)^2+(90-98)^2))^(1/2)
これを計算すると4月2日の標準偏差は7.5になります。
+1σ=移動平均+標準偏差
なので
+1σ=98+7.5
なので
+1σ=105.5
になります。
逆に
-1σ=移動平均-標準偏差
なので
-1σ=98-7.5
-1σ=90.5
になります。
さらに2σは移動平均に標準偏差の2倍の数値で計算し3σは3倍で計算します。
例えば、3σの数値を出すには
98に7.5の3倍の22.5で計算します。
+3σ=98+22.5
-3σ=98-22.5
上記のような計算をすると
+3σ=120.5
-3σ=75.5
このようにボリンジャーバンドを計算することができます。

ボブ
計算が…めんどくさい…

piko
実際はここまで計算する必要は無いので大丈夫ですよ。
ボリンジャーバンドがどのようにできているか分かればOKなのでそこまで気にする必要はありません。

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドには『エクスパンション 』『スクイーズ 』『バンドウォーク 』の3つの見方があります。
3つのチャートの意味を知ることで、より良い投資判断が可能になるのでぜひ覚えておきたいところですね!

エクスパンション

エクスパンション英語で「拡大」や「発展」と言う意味で、バンドが上下に大きく広がっている状態です。
エクスパンションは大きなトレンドが発生している時 に形成されます。
エクスパンションは上昇トレンド・下落トレンドどちらのトレンドでも形成されます。
エクスパンションが形成されると急激な値動きが起こるサインなので短期トレードのチャンスになります。

スクイーズ

スクイーズとは英語で「押しつぶす」「絞る」といった意味で、エクスパンションとは逆に上下のバンドが狭まっている状態です。
スクイーズは価格が横ばいで動かないレンジ相場 で形成されます。
スクイーズが形成されると相場の動きが小さいので利益を出すのが難しくなります。
ただし、相場はスクイーズとエクスパンションを交互に形成するのでスクイーズが形成された後に大きな価格変動が起こりやすいです。

バンドウォーク

エクスパンションが発生した後にロウソク足がバンドの外側にそって移動することをバンドウォークと言います。

piko
意味はそのままでバンドと一緒に移動しているからですw

ボブ
うん…だね…w
バンドウォークは2σと3σの間で発生することが多いです。
バンドウォークもエクスパンションと同様に大きなトレンドが発生している時 に形成されます。
上のチャートの画像のようにボリンジャーバンドがエクスパンションでなくてもロウソク足がバンドの外側と一緒に移動している状態でもバンドウォークになります。
ただし、このようなダラダラとしたバンドウォークが形成された場合大きなトレンドではなくレンジ相場の場合が多い です。
エクスパンションではない時のバンドウォークでは短期取引には向いていないので気を付けた方がいいですね。

ボリンジャーバンドの設定方法

ボリンジャーバンドは真ん中の移動平均を上下に3つの標準偏差ではさんでいます。
ですがチャートのインジケーター でボリンジャーバンドを選んでも1つのバンド(2σ)しか表示されません。
私の場合は1つバンドがあれば十分なのですが1σ~3σまで全てのバンドを表示させたい時もあると思います。
そのような時はもう一度インジケーターでボリンジャーバンドを選びます。
ボリンジャーバンドをもう1つ表示させると上のチャートの画像のように2σが重なって表示されてしまいます。
そこで次はボリンジャーバンドの設定をいじります。
設定はチャート左上のボリンジャーバンドの歯車マーク を押すといじることができます。
例えば、ボリンジャーバンドの1σを表示させたい場合は赤枠で囲ってある標準偏差を1 にします。
すると上のチャートの画像のように1σと2σが表示されましたね。
3σも表示させたい場合も先ほどと同じ要領で表示させることができます。
さらにボリンジャーバンドの初期設定は20日移動平均 をもとに構成されていますが、ここもいじることができます。
先ほどと同じように設定の中の『期間 』でボリンジャーバンドの移動平均をいじることができます。
上のチャートの画像は期間が移動平均を10にしたボリンジャーバンドの線を太くしているのですが、同じ2σでも 期間が20と10だとバンドの幅が違うのが分かると思います。

piko
このようにいろいろいじってみて自分に合った設定を探してみてください。

ボリンジャーバンドの使いかた

ボリンジャーバンドには『順張り』と『逆張り』の2通りの使い方があります。
それぞれどのようにボリンジャーバンドを活用すればいいのか解説していきますね。

逆張り

ボリンジャーバンドを使って逆張りをする場合、ロウソク足がバンドの幅から出た時 に売買の判断をするのが一般的です。
つまり下の幅をサポートライン・上の幅をレジスタンスラインといった見方をしてロウソク足がバンドの下や上の幅を超えた時に価格が反転すると判断します。
ボリンジャーバンドを使った逆張りは上のチャートの画像のようにバンドが縮小しているスクイーズの時でも使う ことができます。
個人的にはスクイーズしているレンジ相場の方がボリンジャーバンドを使った逆張りが成功しやすいかと思っています。

piko
なぜレンジ相場の方が逆張りで成功しやすいかは後に解説しますね。

順張り

ボリンジャーバンドを使った順張りはトレンドが発生した時にそのままトレンドに乗っかることで成功します。
上のチャートの画像のように価格が横ばいのレンジ相場ロウソク足がバンドの外側に立て続けて触れたりはみ出てバンドの幅も広がってくるとこの後エクスパンションが形成されトレンドが発生。
バンドの幅が広がったことを確認出来たらトレンドが発生 している証拠なのでここでトレンドに乗っかることで利益を出しやすくなります。
さらに言えば順張りはただのエクスパンションではなくバンドウォークを見つける ことで成功しやすくなります。
上のチャートの画像のようにロウソク足が-1σから一気に+3σ付近まで上昇した後にバンドウォークが確認出来たら大きなトレンドが発生している証拠なのでここに乗っかります。

ボリンジャーバンドの弱点

全てのインジケーターがそうであるようにボリンジャーバンドにも『だまし 』は存在します。
【だまし】とはインジケーターの指標とは全く逆の動きをしたりインジケーターの指標通りに相場が動かない ことを指します。
例えば、上のチャートの画像の真ん中のようにロウソク足が3σの外側を突破したので上昇トレンドが発生したかと思えばその後下落に転じていますね。
他にも上のチャートの画像のように緩やかな上昇基調のレンジ相場だと思って画面右端のロウソク足が-2σを突破したから逆張り戦略で購入した場合どうなっていたでしょうか?
結果はこの後ボリンジャーバンドがエクスパンションを形成し価格も下落していますね。
このようにボリンジャーバンドの形によって逆張りと順張りを切り替える 必要があります。
ちなみに、ボリンジャーバンドを作った『ジョン・ボリンジャー』は「ボリンジャーバンドは順張りのための指標」だと言っていますね。

ボリンジャーバンドの使い方:まとめ

ボリンジャーバンドは統計学をもとにして作られた価格の値動きの幅をバンドで示したオシレーターになります。

 

ボリンジャーバンドが『スクイーズ』なのか『エクスパンション』なのかを見極めてから順張りか逆張りにするか決めることになります。

またボリンジャーバンドだけでなく『MACD』と『RSI』のインジケーターも組み合わせて使う ことでより賢明な投資判断をすることができます。
また自分に合った設定をすることでよりボリンジャーバンドを有効活用することができようになるのでいろいろいじってみてください。
『MACD』や『RSI』についてのも詳しく書いているのでぜひこちらも合わせて読んでみてくださいね。
ほとんどの富裕層が実践しているインフレに強い投資法

 

この中に1つでも当てはまる方は要チェック!

 

  • 将来を見据えた資産運用を考えている
  • 資産運用をプロに任せたい
  • 小額から資産運用を始めたい
  • 資産運用のリスクを抑えたい
  • 家賃収入に興味がある

 

小額から投資を始めたい方や投資の多様化した投資をしたい方は要チェック!

 

詳しい資料はこちらからダウンロードできます。

【DIVER】アフィリエイト収益2倍の実績!

ハイスペックでハイクオリティを保証するWordPressテーマ!!

最新SEO対策済み!

DIVERで、あなたのアフィリエイト収益アップしてみませんか?

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事