pickup
ブログでの広告収入の仕組みと稼ぎ方はコレだ!

どうも!pikoです。

 

副業の中でも1番最強の副業なのがブログと言われていますし、私もブログが最強 だと思ってます。

 

ですが、これからブログを始めてみようと思っている人は「どうしてブログで収入を得ることができるの?」ってなりますよね。

 

ブログでの収入の仕組みも分からないのに『アフィリエイト』なんて言葉を聞いたときには「なにそれ?いかにも怪しい、、、」となると思います。

 

piko
まさに私がそうでした(笑)

 

そこで今回はブログでの収入の仕組みと稼ぎ方を紹介したいと思います。

 

この仕組みが分かればあなたも「ブログって最強の副業じゃん!」ってなると思うので最後までお付き合い願います!

 

ブログで収入が得られる仕組み

ではまず、なぜブログで収入が得られるのかを説明しますね。

ブログとはメディアである

ブログとは一言で言えばメディア媒体です。

 

メディア媒体とは情報を発信する媒体のことですね。

 

これは情報を発信することではテレビや雑誌や新聞と同じですね。

 

テレビなんかでもよく『今注目の〇〇ダイエット法!』とか『最先端のテクノロジーを紹介!』とかの特集番組が流れていたりと私達の知らなかった情報を教えてくれます。

 

雑誌でも『パソコン業務を効率よくこなせるアイテム10選!』みたいなガジェット系に特化した雑誌がコンビニとかにおいてあってよく見てしまいますよね?

 

piko
ガジェット好きな私にはたまらん一冊です(笑)

 

ブログとテレビや雑誌・新聞の違いはアナログとデジタルの違いでしょう。

ネット広告の需要

テレビ局がテレビ番組を放送して1番注目するのが視聴率です。

 

雑誌だと発行部数ですね。

 

視聴率が低い番組は打ち切りになりますし、発行部数が少ない雑誌は廃刊になってしまいます。

 

なぜこれほど視聴率や発行部数が大切かと言えばどれくらいの人がメディアが見られているかが分かる からです。

 

なので、多くの人が見るメディアに、広告を入れる事でこのコンテンツが集客をしてくれるので価値が生まれます。

 

だからテレビ番組や雑誌には広告が入るわけですね。

 

そして、以前は新聞、ラジオ、テレビ、雑誌の4つのマスに広告を入れていましまが今はそこにネットがプラスされて5マスの時代になっていますね。

 

しかも5マスの中でも特に需要があるのがネットでの広告です。

 

ここ数年でスマホの普及が進み今やガラケーの方が珍しいくらいですね。

 

そして多くの人が、少しでも時間が空けばスマホを見ています。

 

歩きスマホなんて言葉も出てきたくらいですもんね。

 

piko
私もついつい歩きスマホしてしまいます(笑)

 

スマホが普及して多くの人がテレビや雑誌や新聞よりもスマホを見ている ので自然とネットでの広告に企業が費用を投入しています。

 

しかもネットでの広告はテレビCMと違って

企業側が紹介したい商品に興味を持っていない人達には

表示されにくいといった特徴があるので

テレビCMよりも少ない費用で集客が望める のも

ネット広告の需要が伸びている要因ですね。

ブログでの収入原は広告

ハイ!

皆さんお分かりの通りブログの収入源は広告です!

 

広告での収入といってもいろんなタイプの広告収入があります。

 

タイプ別広告
・アドセンス広告
・アフィリエイト
・楽天やAmazonの物販広告
・広告枠やPR記事

 

ここで、一つ一つタイプ別に広告収入の仕組みを紹介したと思います。

グーグルアドセンス

一般的にブログ初心者が1番最初に始めるのがグーグルアドセンスです。

 

アドセンス広告は別名クリック型広告 とも言われています。

 

つまり、ブログを訪れたユーザーがブログ内の広告をクリックするだけでブロガーは収入を得られるタイプの広告です。

 

このグーグルアドセンスはグーグルが運営している広告ですね。

 

グーグルアドセンスの仕組みは広告を出したい企業がグーグルが提供しているグーグルアドワーズ に登録します。

 

グーグルはグーグルアドワーズに登録された企業の中から各ブログを訪れたユーザーにマッチした広告を表示するシステムです。

 

例えば、あなたがパソコンについてネットで調べたとします。

 

その後で誰かのブログを見たときにパソコンの広告が貼られていた経験があると思います。

 

これがグーグルアドセンス広告なんですね。

 

グーグルアドセンスはブロガーは記事内に広告を貼るだけでオッケーですし、ユーザーは広告をクリックするだけでお金を払う必要が無いので、収入へのハードルがかなり低め です。

 

なので、ユーザーは自分が興味を持っている内容の広告が表示されているのでクリックしてくれる確率が高いわけですね。

 

グーグルアドセンスの報酬単価ですが、各ブログによって違ってくるので一概にコレ!とは言えないのですが、統計として1PVあたり0.1円〜0.5円程度 と言われています。

 

なので、グーグルアドセンス広告ではとにかくアクセス数が需要になってきますね。

アフィリエイト

ブログでの広告で1番収入を得られるタイプ がアフィリエイトです。

 

アフィリエイトはブログを訪れたユーザーが広告をクリックしただけでは収入は得られません。

 

ユーザーが広告を経由して商品を買ったり会員登録をして初めて収入を得られます。

 

アフィリエイトは他の広告収入に比べると収入が発生するまでのハードルが高い ですが、報酬単価が高いので他の広告収入よりも少ないアクセスでも多く稼ぐことができます。

 

アフィリエイトの仕組みは広告主である企業が紹介してほしい商品やサービスをアフィリエイターがブログで紹介したり広告を貼りつけたりして広告主の代わりに集客していきます。

 

そして商品が購入されたり会員登録されて初めて広告主から報酬として収入を得られる仕組みです。

 

アフィリエイターと広告主をマッチングするサービスをASP(アフィリエイトサービスプロバイダー) と呼びます。

 

アフィリエイターはASP内で公開されている各広告案件を選んで紹介していくことになります。

 

ASPは1つだけではなくいろんなASPがありますよ。

ASP一例

・A8.net

・インフォトップ

・アクセストレード

・バリューコマース

・リンク-A

各ASPによって扱っている広告のジャンルに違いがあるので複数登録しておくと良いですね。

 

ASPの中でも特にオススメなのがA8.netです。

 

A8.netは国内ASP最大手で取り扱っている広告も日本最多でまだブログを作成していなくても登録ができてしまうのでこれからブログで収入を得ようと思っている人は必ず登録しておきましょう。

楽天アフィリエイト

ASPに登録しなくても物販の商品を紹介して収入を得る方法が楽天アフィリエイトです。

 

楽天アフィリエイトは楽天内の商品を紹介することで商品購入の1%の報酬 を得ることができます。

 

楽天アフィリエイトの特徴はユーザーが広告内の商品以外の商品を購入しても報酬がもらえることですね。

 

さらに、広告内の商品をその時に購入しなくても30日以内に楽天で買い物をすれば報酬がもらえる ようになっています。

 

この仕組みは『cookie(クッキー) 』といったシステムが適用されているからですね。

 

クッキーとはサイトにアクセスしたユーザーの情報を一時的に保存されるシステムのことです。

 

保存される情報は『ID』『パスワード』『メールアドレス』などが保存され、これによってユーザーが次回サイトに再度アクセスしたときに再びパスワード等の情報を入力する手間を省くためのものですね。

Amazonアソシエイト

Amazonアソシエイトも楽天アフィリエイトと同じ仕組みですね。

 

楽天アフィリエイトととの違いは報酬の%とcookieの期間ですね。

 

楽天アフィリエイトはcookieの期間が30日に対してAmazonアソシエイトはcookieの期間が24時間しかありません。

 

しかし報酬の%では楽天アフィリエイトが一律1%に対してAmazonアソシエイトではジャンルによって報酬の%がちがってきます。

ジャンル別%

広告枠販売

広告枠販売はブログのサイドバーなどの広告枠のスペースを企業に貸し出すことで収入を得ることができます。

 

グーグルアドセンスやアフィリエイトだとアクセスの変動によって収入にバラツキが出ますが広告枠はアクセスや成果報酬に関係なく毎月安定した収入 があるのが最大のメリットですね。

 

ただし、広告枠販売は企業側から見てビックワードでも検索で上位表示されるくらいのブログに成長させる必要があるので初心者がすぐに広告枠販売をするのは厳しいですね(汗)

 

それでも広告枠販売をしたい場合はクラウドソーシングサービスのココナラ を使う方法がありますよ。

 

ココナラなら自分の広告枠を販売することができるんです!

 

ココナラなら結構な件数の広告枠販売が行われているので広告枠販売をしたい人は一度ココナラを調べてみると良いですよ。

 

ただし、広告枠販売をするなら大量のアクセス数が必要なのでやはりブログ初心者では広告枠販売は厳しいですね。

PR記事

PR記事は広告枠販売と似ていますね。

 

PR記事は企業から依頼された内容の記事を書くことで収入を得ることができます。

 

こちらもアクセス数が多くないと企業からのオファーが来ないので初心者には厳しいですね。

自分の商品への集客

自分の商品やノウハウ系のスキルがある人はASPに登録してアフィリエイトをしなくても自分の商品を自分のブログ内で集客することもできます。

 

この場合は間にASPをはさまないので、かなり収益率が高いのが特徴です。

 

ASP内に紹介したい広告案件が無く自分の商品を持っている場合はブログで自分の商品を販売するのも良いですね!

広告収入を得るためのブログの始め方

ここからはこれからブログを始めたいと思っているあなたのために広告収入を得るためのブログの始め方を紹介しますね。

まずはASPで商品選びから

これからブログでの広告収入得る場合多くの人が『まずはブログを作りましょう!』と言っていますよね?

 

確かにブログ初心者の人はよくわからないまま始める人が多いので『ブログで収入を得るにはブログを作るところから始まる』と思っています。

 

piko
私もその中の一人でした(笑)

 

ですが、本当にブログで収入を得るには先ず初めにやることは紹介したい商品を選んで自分のブログのテーマを決める ことから始めます。

 

理由はブログのテーマやドメイン(○○○○.COMのことです。)は商品やテーマによって変わってくるからです。

 

例えば、美容系のブログだとドメインが『beautiful.com』 だったり、婚活系のブログだとそのまま『konkatu.com』 になったりします。

 

なので初めにやるべき手順としては、

①広告案件を選ぶ

②ブログのドメインを決める

③ブログを立ち上げる

④記事を書く

この手順になりますね。

 

広告案件はブログを立ち上げていなくても広告案件を選べるA8.netがおすすめですよ。

 

ブログを作る

 

広告案件が決まったらいよいよブログの立ち上げですね!

 

ですが、ブログを立ち上げると言っても『アメブロ』『はてなブログ』『ワードプレス』とブログにもいろんな種類があるので、どのブログを立ち上げるか迷ってしまいますよね?

 

結論から言ってしまえば、「稼ぎたいなら有料ブログの『ワードプレス』一択! 」になります(笑)。

 

ですが一応、無料ブログと有料ブログの特徴を紹介しておきます。

 

無料ブログ

無料ブログは有名なブログサービスだと『アメブロ』『ライブドアブログ』『はてなブログ』があります。

 

piko
無料ブログのメリットはなんと言っても無料でできることですね!

 

さらに、ドメインやサーバーとの面倒な契約もせずにすぐ始めれるので気軽にブログを始めることができます。

 

アクセスについても運営会社がある程度グーグルからの評価を得ているので始めたばかりでもある程度のアクセスが見込めます。

 

ただし、長期的な収入を得る点で見た場合、致命的なデメリット が存在します。

 

それは、運営会社がブログ運営の権利を握っていることです。

 

例えば、運営会社が「ブログサービスを止めるよん♪」との方針を打ち出せば今まで頑張って書いた記事が全て消滅してしまいます、、、

 

つまりその瞬間から収益はゼロ になります。

 

これが1番のデメリットですね。

 

ほんとに恐ろしい話しですΣ( ̄ロ ̄lll)

 

しかも、ブログのカスタマイズも限られているので自分のイメージ通りのデザインにはならない可能性が高いですね。

 

さらに、アクセスについても運営会社の評価が検索順位に影響されますが、良い評価もあれば悪い評価も当然影響されるので自分のブログの質がどんなに良くても検索上位に表示されるのは簡単ではありません。

 

実際にグーグルの検索上位に表示されているブログは有料のワードプレスがほとんどですね。

メリット
・無料
・ドメインやサーバーとの面倒な契約が無い
・初めから検索エンジンに評価されている
・すぐに始められる
デメリット
・広告掲載に制限がある
・カスタマイズが制限されている
・検索エンジンからの評価が伸びない
・検索上位に表示されにくい
・ブログ自体を突然消されるリスクがある

有料ブログ

piko
有料ブログと言えばワードプレスでしょう!

と言うくらい有名なのがワードプレスですね!

 

ワードプレスは初めの内はドメインやサーバーとの契約が正直苦労します。

 

私はワードプレスの初期設定をするのに2時間の作業で3日かかっちゃいました(笑)

 

しかも検索エンジンからの評価がゼロから始まるので最初のアクセスは0か1です。

※最初のアクセス数1は自分(笑)

 

ですが、初期設定さえしてしまえばこれほど自由度の高いブログは無いですね!

 

検索順位も良い記事を書けば書くほど検索エンジンから評価されていくので上位に表示されやすい です。

 

なによりもブログの運営者が自分なのでブログが突然消されるリスクがゼロで書いた記事がブログの評価と集客の役割を果たしてくれる資産になりますよ。

 

メリット
・カスタマイズの自由度が高い
・検索上位に表示されやすい
・ブログが消されるリスクが無い
・広告掲載の自由度が高い
デメリット
・初期設定がめんどくさい
・有料
・検索エンジンからの評価がゼロからスタート
・全て自分で管理する必要がある

キーワードについて知る

ブログを運営するには記事を書いていく必要がありますよね?

 

記事を書いて行くにはユーザーがどのようなキーワードでブログにアクセスするかを知る必要があります。

 

ボブ
でもキーワードってどうやって探せばいいの?

 

はい!

 

このような悩みを解決できるツールがあるんです。

 

それがグーグルが提供する『キーワードプランナー 』です。

 

例えば、転職をテーマにしたブログだとキーワードプランナーに『転職』と打ち込むだけで転職関連のキーワードが729個も出てきます!

 

 

中には広告案件とは関係ないキーワードもありますが、それでもかなりの数のキーワードが出てきます。

 

このキーワードをもとに記事を書いていくわけですが、ここでも一つ覚えておきたいポイントがあります。

 

それは、月間アクセス数 です。

 

アクセス数とはブログに訪れた人の数ですね。

 

つまりアクセスが多ければ多いほど多くの人がブログを見てくれているということになるのでその分広告も見てくれるのでアクセスが多ければ収入も増えてきます。

 

ただしここで気を付けておくべきポイントが

アクセスが多い=強力なライバルも多い ことになります。

 

なので、これからブログを始める人がアクセスの多いキーワードで記事を書いてもライバルに埋もれて検索上位に表示されることは厳しいでしょう。

 

ライバルが多いとこんな感じになってしまいます(笑)

 

逆にアクセス数が少ないキーワードだとライバルが少ないので検索上位に表示されやすくなります。

 

そのかわりにアクセス数が少ないのがデメリットになりますね。

 

ただし、少ないアクセスでも効率よく広告案件への成約率を上げる方法 があります。

 

 

キーワードのアクセス数は多ければ需要がありますが、

ライバルが多く逆に少なくなるとライバルが減りますが需要も減ります。

月間アクセス数 需要とライバル比
~100件 需要は少ないがライバルも少ないので初心者でもチャンスあり!
~1,000件 需要は少しあるがライバルも少し出てくる
~10,000件 需要があるがライバルも多く初心者がこのアクセス数で戦うのは厳しい
10,000件~ めちゃくちゃ需要あり!しかし強力なライバルがひしめいている!

これからブログを始める人はアクセス数の多いキーワードで記事を書いても上位表示されないのでアクセス数はほとんど無いと考えた方がいいですね。

 

最初はアクセス数が多いキーワードよりもアクセス数が100件くらいのキーワードで記事を書いて上位表示をさせていった方が結果的にブログ全体のアクセス数は増えてきますよ!

 

piko

私も最初はアクセス数がたったの10件とかのスーパー低需要の記事を書いて早い段階で上位表示させることができましたよ!

書いた記事が上位表示されれば自信もついてきてモチベーションも上がるのでおすすめですよ。

収入を増やすために意識すること

記事を書くキーワードも決まり後は記事を書いていく段階ですが

SEOについて学ぶ

それは、上位表示させることです!
そして、上位表示させるためのスキルがSEOと言われていますね。
上位表示させるSEOですが、実はSEOについては明確な答えが無い のが実情です。

さらに、検索順位は全てグーグルの検索エンジンが自動的に決めるのですが、この検索エンジニアのアルゴリズムをグーグルは定期的にアップデートしています。

 

いわゆる『グーグルアップデート 』と言われているやつですね。

 

このグーグルアップデートが起こるたびに検索順位は変わってきたりします。

 

なので、前回まで通用したSEO対策がアップデートによって通用しなくなることがあるので明確な答えが出てこないんですね。

ボブ
じゃあ、どうしたら上位表示させることができるんだよ!

piko

安心してくださいちゃんと上位表示させる方法があるんですね。

それは、グーグルについて理解することです。

じつはグーグルは10個の理念 を掲げていてこの10個の理念をもとにWeb上のコンテンツを評価しています。
つまりのブログの記事がグーグルの理念に一致していればグーグルから検索上位に表示させてもらえるんですね。
グーグルが掲げる10個の理念

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2.1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3.遅いより速いほうがいい。

4.ウェブ上の民主主義は機能する。

5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7.世の中にはまだまだ情報があふれている。

8.情報のニーズはすべて国境を越える。

9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10.「すばらしい」では足りない。

この10個の理念の1番最初に掲げているのが『ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。』となっていますね。
つまりユーザーにとって満足のいく記事かどうかで検索順位が決まることになりますね。

ボブ
もう!
ユーザーにとって満足のいく記事ってどんな記事なの!?
それはズバリ検索順位が上位表示されている記事 ですね!
つまり上位表示されている記事はグーグルから評価を得ている表れなんですね。
なので上位表示されている記事がどんな構成でできているかを参考にしていけば自然とSEO対策ができてくるので是非グーグルから評価を得ている記事を読み込んでみるのも良いですね!
私も記事を書く前には必ず上位表示されている記事を5記事は読み込んでいますよ。
注意すべきポイント
上位表示されている記事はあくまで参考にする程度でコピーしてしまってはいけませんよ。
モラルをきちんと守りましょう。

慣れてきたら分析ツールも使っちゃおう!

 

ある程度記事がたまってきたら分析ツールを使って収入を得るための作業の効率化を図りましょう。
分析ツールもたくさんありますが特にオススメの分析ツールは
グーグルアナリティクス』と『サーチコンソール』です。
グーグルアナリティクス
ユーザー数・直帰率・持続時間やどの記事がどのくらいアクセス数があるかが分かる優秀なツール。
さらにアクセスの流入経路やどの地域からのアクセス、スマホ・タブレット・PCからのアクセス比率などが分かります。
サーチコンソール
クリック数や表示回数、狙ったキーワードでの検索順位等が分かります。
意外なキーワードが表示回数を獲得していたりといった発見があります。

ブログ広告で収入を得るための1番大切なポイント!

 

ここまでいろいろと書いてきましたがブログ広告で収入をえるえる得るためのポイントを最後に覚えておいて欲しいことがあります。
それはどれだけ熱中して継続できるか です。
ブログでのビジネスは経費もほとんどかからず、在庫を持つこともなく大きな収入を得ることができる最強のビジネスです。
ただし、稼げるまでに時間がかかってしまう デメリットも存在しています。
この稼げるまでどれだけ継続できるかが1番重要になってきます。
実際に多くのブログ初心者がブログを始めて最初の数か月で稼げる前に諦めてしまっています。
そこで、諦めて辞めずに熱中して継続できるポイントがあります。
それは『自分がブログで成功しているだけではなく、さらにブログで稼げるように教えてあげた実績のある人』に教えてもらうことです。
誰でもみんな初めは知らないことや分からないことだらけですよね。
そして分からないことを解決するまでにかなりの時間を消費してしまう場合もあります。
ですがブログで成功している人から教えてもらうことで悩む時間を省略できどんどん作業が進むので熱中して継続しやすくなりますね。
ブログのノウハウもネットで探せばいくらでもありますが自分に合ったノウハウだとさらに継続しやすいですね。
副業で稼ぐ会社員が本音で教える月収10万円以上稼げる副業ベスト16!

Amazonで5つのカテゴリーで1位を獲得したベストセラー!

会社で働きながら副業で月収10万円以上稼いでいる会社員目線だからこそ分かる!

 

あなたに合った副業を提案!

 

詳細はこちら

アフィリエイトで失敗しない方法、知りたくないですか?

アフィリエイトならこれ1冊で大丈夫な書籍出版させて頂きました!
初心者でも安心の3大特典付!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事